オナニーする事で体が健康に?

間違った情報を信用しない様に

よくネットなどでオナニーのやり過ぎは体に悪影響を与えると
いわれていますよね。
この話は毎晩のようにオナニーをしてストレスを解消している
僕にとっては衝撃的な話でした。
確かに何事もやり過ぎは良くないですが
オナニーを全くしないのも問題があると思います。
オナニーに関してデメリットばかり目立っていますが
体に良い影響を与える事もあるのです。
そもそも人がオナニーをする目的はなんでしょうか?
恐らくほとんどの人が射精することで気持ち良くなりたいからと
答えるでしょう。でも理由はそれだけではないのです。
心理学的にオナニーをする事で自我の形成に重要な役割を果たすと
言われています。なのでオナニーをしたからといって
後悔や卑屈な気分になる事なんてありません。
変態的なオナニーをしていても堂々と胸を張れば良いのです。

健康的な男性

オナニーがもたらす良い影響はまだまだあります。
次はオナニーする事でガン予防をする事ができるのです。
週五回以上のペースで行う男性は前立腺ガンの発症を
抑える事ができるという研究結果があります。
また、射精する事で前立腺の血流が良くなり
動脈硬化予防もできるのです。
また性的機能の向上も期待できます。
男性は射精を促さないと前立腺の機能が働かなくなり
上手く射精する事ができなくなってしまいます。
オナニーをしなければ精子が作られることない、
つまり子供を産む事ができなくなってしまうのです。
なのである程度自分で射精する事は非常に大切な行為なのです。
色々な情報が飛び交う現代ですが
オナニーするのもオナ禁するのも個人の自由です。
ですが自分の性欲を無理やり押さえつけるのは
あまりお勧めしません。
この記事を読んだ方は間違った情報を鵜呑みにせずに
健康的なオナニーライフを送ってください。

Copyright © 大人のための読みものサイト マフポッター All Rights Reserved.